出産前、最後の最後は体を動かしまくっています

こんにちは!息子はまだ産まれてないですよ~!でもおかげで、普段できないパソコン作業がたくさん出来て、充実した日々を過ごすことができています。

妊婦の体は本当に毎日が変化の連続で、4日ほど前から謎のブツブツが全身に出来て、痒くて死にそうでした。でも「痒い」とか「痛い」という感覚は瞑想のテクニックによく使われるものです。「痒い」のはつらいけれど、この痒みも一生続くものではないと、客観的にとらえ、そして痒さをじっと観察する。すると、痒さの中にもめちゃくちゃ痒いときと、痒さがマシになるときがあることに気づきます。

産婦人科の渡辺先生と相談したら

「もしかしたら、いま服用している溶連菌を殺す薬の副作用かもしれない」

と。

「え、じゃあ服用やめていいですか?」と聞いたところ、

「やめてほしくないけど、産まれてきた子供にすぐに注射すればいいからやめてもいいよ」と回答されました。

いやーじゃあ母ちゃん頑張るよ、息子にいきなり注射はかわいそーやん!ベストを尽くしたいから、母ちゃんブツブツに堪えるよ!ということで、耐え忍んでいたら、なんだか昨日くらいからよくなってきました!やっぱりね、痒さは永遠には続かないんですよ!

妊娠初期にアーユルヴェーダのお医者さんに「妊婦は瞑想を沢山練習しましょう」とアドバイスされました。昨日くらいからお腹がちょっと痛いのですが(生理痛に近い)、痛み=私ではない、痛みはそこにあるという視点、これぞ瞑想かなと思います。

もう息子は3000gに達しました。私は小柄なので、出てくるのはもう早ければ早いほうがいいようです。アスリートばりに動いてくださいと言われ、バブとの散歩も一日2時間以上、ヨガもガンガンやってます。最後は腹圧かけてもいいとのことで、チャトランガなんかも練習しています。

投稿を作成しました 43

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る