インストラクター

智江 Tomoe – インストラクター兼代表-

外資系ITコンサルティング会社に勤めていた2008年にヨーガに出会う。仕事が好きで、毎日朝から深夜まで仕事に明けて暮れていたある日、「実はITよりもヨーガのほうが好き」と気づき2012年に退社し渡印。インドでの修行に衝撃を受け、価値観が180度変わる。その後、2012年から2015年の3年間はヨーガ修行に専念し、インド・アメリカ・カナダに長期滞在する。現在の夫ポールとはこの時期にインドで出会う。

ニューヨークにてヨガアライアンス指導者養成講座(RYT200)終了。ポールの勧めもあって、2012年よりアイアンガーをメインに学ぶ。インドのバンガロールに長期滞在し、シニアアイアンガーティーチャーであるアルーン師に教わる。現在も年に1~2回渡印し日々修行中である。

現在、横浜市と野田市の2拠点で、アーサナ・呼吸法・瞑想を生徒さんのレベルに応じて指導する。一人一人の体・心の状態に応じたヨーガの形を提案す ることを心がけ、ヨーガを通して健康維持だけでなく、たくさんの気づきや素敵な出会いを提供できる場を創って いきたいと考えている。
ヨガ日記: https://yogasobi.com/blog/

 

ポール Paul – インストラクター

古武術の修行のためアメリカから20年前に来日し、現在は古武術の師範として横浜と野田市の2拠点で教えている。世界各地でもセミナーを実施。「武術にお いても柔軟性が必要である」と感じ、ヨガ修行のためインドに長期滞在する。インドではArun, Usha Devi, Rudraの下で修行。ヨーガの哲学や禅にも精通している。ラサリラでは、月曜夜のクラスをメインに担当。クラスは英語・日本語両方で行う。

ポールの武術日記(英語): http://kasumian.com/blog/

<智江先生からみるポール先生とは>
インドで出会ったポールとは2016年に結婚しました。彼は私のヨーガと武術の師匠でもあります。ポールは今年51歳ですが、肉体的にも精神的にもとても若々しく、本当に上手にメンテナンスしていると思います。ポールのヨーガに対する理解や知識は深く、ヨーガのポーズだけでなく、クリヤ(ナウリやネティポットといった浄化法)、バガヴァッドギータやウパニシャッドといったヨーガの哲学もわかりやすく教えてくれます。「すべての 人に真心を持って接する」というのが彼の信念でもあり、とても思いやりのある先生です。

 

麻美 Asami – インストラクター

第一子出産直後にヨガに出会う。 マットの上での開放感・内面の変化を感じながら セルフプラクティスを続けている中、 アシュタンガヨガに出会い、その奥深さに魅了され現在に至る。 代々木 UNDER THE LIGHT ヨガスクール・マイソールクラスにて アシュタンガヨガ上級指導者・クランティ氏のマイソールアシスタントを務める。 練習を通してご自分のもつ本来の力・心を取り戻せるよう、 また、マットを離れた日常にも多くの気づきが得られるように 少しでもお手伝いさせていただきたいと思ってます。Let’s practice!!

保有資格 ■全米ヨガアライアンスRYT-200 ■UTLシニアヨガ指導者■Les Milles BODY BALANCE インストラクター

<智江先生からみる麻美先生とは>
すごい実力の保持者なのに、とっても謙虚な方で初めてお会いしてすぐに好きになりました!肉体的にも精神的にも強さと柔らかさをあわせ持った先生で、アシュタンガヨーガが初めての方にも丁寧に教えてくださいます。精神のストイックさが身体からにじみ出てて、一緒の空間にいるだけで「わたしも頑張ろう!」という気にさせてくださる先生です。

 

亜美 Ami – インストラクター

ヨガ歴12年、指導歴5年。
2006年よりヨガを始める。2009年 クリシュナマチャリア師の教えに出会い、メンターのCHAKI師、宗近幸代師より指導を受ける。
より学びを深めるためKHYF(クリシュナマチャリアヒーリングヨーガファウンデーション)のTTを受講2012年 3年間(600時間)におよぶトレーニング期間を経て、 正式にKHYFYogaTeacherライセンスを取得以後も2名の師に従事し、哲学やマントラ、セラピー等の勉強をする他、南インドやDr.KaustubWS等に参加する等この教えの学びを深めている。
アーサナでなく、マントラ、呼吸法、瞑想等を使ってクラスを行います。
’’クリシュナマチャリア師の教え’’の中で大切にされているインドの伝統的なヨガの教えをベースに、ひとりひとりに合わせたヨガを指導していきます。
ヨガが全くの初めての方も安心してご参加ください。

 

ゆりこ Yuriko – インストラクター

 2000年ごろからイラストレーターとして活動をはじめる。インド〜中東の国々に足繁く通い、旅の中で様々なインスピレーションを得て絵を描く。
2012年、体調不良をきっかけに南インドケーララ州出身のヨギ、ジョシー・ヴァリチェリー氏からヨガを習い始めたことで、人生が一変。心身の両方からアプローチするヨガの深い智慧に圧倒され、毎年数ヶ月、氏の実家があるケーララ州の村に長期滞在してヨガを学ぶ生活を送る。
2014年ごろより、都内にてヨガのワークショップを開催。2016年、ケーララ州のAarsha Yoga Vidya Peetham にて全米ヨガアライアンス 200時間TTC終了。
2016年12月より2018年3月まで、インドに長期滞在。自分の心と身体の在りようをさらに探求すべく、聖地やアシュラムを訪ね、さまざまな教師たちに出会いながら、ヨガと瞑想の学びを深める。
 2018年3月帰国、創作活動とヨガクラスを再開。
 著書に『ガールス・インディア〜女子の為の極楽インド案内』(河出書房新社)  『はじめてのイスタンブール〜雑貨とおいしいものと音楽に出会う旅』(P-vinebooks)『スウィート・モロッコ』(辰巳出版)がある。
2015年よりヨガ雑誌「Yogini」のサマスティティヒのコーナーでインドヨガ滞在記を連載中。詳しくは www.yurikowakayama.com まで。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る